トップページ > お客さまにインタビュー >

IMG_1804

【お客さま】
 狩野 広美 様  相模原市 在住

【インタビュー日時】
平成29年9月1日 午後

【施工日・施工内容】                  
平成29年  7月 施工
玄関網戸 ナイスウインズドア

【インタビュー内容】
 窓工房:
「窓工房を知ったきっかけはなんですか?」

狩野様:
「新聞の折り込みチラシです。」
 「前々から玄関が風通しできればいいなと思っていたところに広告をみて
問い合わせしました。」

 窓工房:
 「玄関網戸ナイスウインズを選んだ理由はなんですか?」
 
狩野様:
「夏の換気が大きな目的です。うちは玄関開ければかなり風通しがいいので
 前々から玄関を網戸にできればいいなと考えていました。」

窓工房:
「ナイスウインズを設置してみてのご感想を聞かせてください。」

狩野様:
「イメージしていた通り風が良く入って快適です。エアコンはほとんど使用しなくなりました。」
「鍵も内側と外側両方からかけられるので部屋の奥にいても安心です。」
「マンションなので部屋の前を通る人の視界もルーバーの角度を調整すれば気にならなくなります。」

窓工房:
「玄関の間口は少し狭くなりますがそのあたりはいかがですか?」

狩野様:
「最初に聞いてはいましたが思っていたほど気にならないですね。」

窓工房:
「施工中の様子はいかがでしたか?気になったことなどございますか?」

狩野様:
「時間通りにきちんと施工していただきました。」

窓工房:
「今後の窓工房へのご要望などはありますか?」

狩野様:
「窓に関する便利グッズや、お掃除道具など取り扱いがあったりアドバイスいただけると
いいですね。」
「高齢者目線でなにかサービスを提供していってもいいかもしれないですね。」
「例えば、電球の交換ですとかちょっとしたことでも良いと思います。」

窓工房:
「そうでうね。お客様のニーズに合わせたサービスが提供できるよう、思考錯誤しながらこれからも努力していきたいと思います。」
「本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございました。」

狩野様は地域のボランティア活動をご自身が中心となって精力的に活動されている方です。
現在は主に、認知症の方の居場所をテーマとして、おおよそ100人近くの方々と勉強会などを通して交流を深めていらっしゃいます。
仲間とのふれあいや人との出会いはとても大事なことと狩野様はおっしゃっていました。

私もこの仕事柄、多くの方とお話をさせていただく機会があります。
そのたびに新たな気づきや感動、反省などを経験することができ毎日がとても新鮮で勉強になります。励みにもなります。
狩野様、楽しいお時間をいただきましてありがとうございました。

トップページ > お客さまにインタビュー >

お問い合わせ先:0120-797-348
フリーダイヤルにつながらない場合は、青梅店、または入間店まで直接お電話をください。
パソコンからのお問い合わせは、こちらの お問い合わせフォーム をご利用ください。

営業エリア:東京都・埼玉県(全域)・神奈川県

0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

資料請求