トップページ > 窓の日よけ、遮熱対策 >

夏場の暑さ対策でご依頼いただく、窓の遮熱・日よけ対策。

image10暑さに苦しめられる、夏場の陽射し

現場でお客さまの声を聞くと、

「夏の陽射しが強い時期は、暑くてエアコンがよく効かない」
「光熱費を下げて、エコで快適な生活を送りたい」

といった声を聞かせて頂きます。

窓工房が考えている窓の遮熱対策・日よけ対策には、
次の3つの方法があります。

窓の遮熱対策・日よけ対策、3つの方法

この3つの方法のどれかで、
遮熱対策・日よけ対策をすることを提案しています。

1. 窓の外側で対策

商品:通風雨戸、通風シャッター、すだれ、ゴーヤカーテン

2. 窓ガラス自体で対策

商品:遮熱ガラス、遮熱フィルム

3. 窓の内側で対策

商品:内窓

中でも、窓の外側での遮熱対策がお勧め

特に、1番の『窓の外側で対策』をオススメしています。

なぜなら、
窓ガラスに遮熱フィルムを貼ったり、遮熱ガラスに入れ替えると、
デメリットとして、冬の暖かい日差しも遮ることになります。

illust02どちらも大切にしたいのに・・・

そのため、窓ガラス自体で、夏の日差し対策をすることは、
同時に冬が寒くなることにもつながってしまいます。

この点をお伝えすると、

「夏場が暑いから遮熱フィルム貼る予定だったけど、
冬のこと考えてなかったわ」

と喜ばれることが多いです。

窓工房のお客様は「冬の陽射しが弱まるのはイヤ」
という方が圧倒的に多いようなのです。

次のページでは、
冬場のことも考えた遮熱対策が大切
さらに解説していきます。

具体的な解決策をみていきたい方は、

1. 室外側での遮熱対策
2. 窓ガラス自体で遮熱対策
3. 室内側での遮熱対策

の各ページをご覧ください。

トップページ > 窓の日よけ、遮熱対策 >

お問い合わせ先:0120-797-348
フリーダイヤルにつながらない場合は、青梅店、または入間店まで直接お電話をください。
パソコンからのお問い合わせは、こちらの お問い合わせフォーム をご利用ください。

営業エリア:東京都・埼玉県(全域)・神奈川県

0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

資料請求