トップページ > 施工例集 > 真空ガラスの施工例 >

出窓のガラスをスペーシアに入れ替えます。

今回は出窓のガラスをスペーシアに入れ替えます。

出窓は普通の窓と違い、取り外してガラス交換することが出来ないので、別の方法でガラス交換を行っていきます。

その手順を写真付きで詳しくご紹介します。

施工地域 埼玉県 川越市 H邸
施工時間 2時間程度
内容 出窓のガラスをスペーシア入れ替えます。

施工手順

1. ゴムを外していく

出窓のガラスはコーキングかビートと呼ばれるゴムでガラスが固定されている場合ほとんどで、今回の場合は、ビートで固定されていたので、まず最初にガラスを固定しているゴムを外していきます。

2. 押し縁を外す

ゴムを外し終わったら、押し縁と呼ばれるアルミの枠を外していきます。こちらもガラス同様、ゴムで固定されているので、ゴムを外せば簡単に取り外し出来ます。

3. ガラスを外す

押し縁を外し終わったら、今度はガラスを外します。

ガラスは写真のような大きな吸盤を使い、外していきます。

4. スペーシアを入れる

既存のガラスを外せたら、同じ要領で吸盤を使い、スペーシアをはめ込みます。

5. ゴムで四方を固定する

写真の様にガラスとアルミ枠の間をゴムで仮固定し、その後四方をゴムで固定していきます。

6. 完成!

四方をゴムで固定し終わった写真になります。

大体の場合は、既存のガラスよりスペーシアのほうが厚みが増してしまうので、元々入っていたゴムは使わず、新しくゴムを入れて固定していきます。

 

 

トップページ > 施工例集 > 真空ガラスの施工例 >

お問い合わせ先:0120-797-348
フリーダイヤルにつながらない場合は、青梅店、または入間店まで直接お電話をください。
パソコンからのお問い合わせは、こちらの お問い合わせフォーム をご利用ください。

営業エリア:東京都・埼玉県(全域)・神奈川県

0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

資料請求