トップページ > 窓の寒さ対策、結露対策 >

窓工房は、窓のお悩みの専門店です。
特に多いのが冬場の寒さ・結露対策のご依頼です。

部屋の寒さを改善、窓ガラスの結露を防ぐために、
お客さまのお悩みのヒアリングから始まり、

ご家庭ごとの対策方法のご提案、製品の施工。

施工後のアフターフォローまでを
すべてお任せ頂いています。

私たちは、
「内窓を依頼されたから、ただ内窓を設置すればいい」
「エコガラスを依頼されたから、ただエコガラスに交換すればいい」
とは考えておりません。

お客さまが抱えている悩みを解決するために
最善の工事をしたいと常に考えています。

そのために、お客さまの現状の悩みなどを
しっかりと聞かせていただきます。

窓の専門店ならではの最善な方法を提案し、
お客さまに納得してもらったうえで、

施工をさせていただいています。

窓工房が提案する、窓の寒さ・結露対策の3つの方法

窓工房が提案している
窓の寒さ・結露対策をする方法には、
3つの方法があります。

image31

1. 窓ガラスだけ断熱ガラスに交換する
2. 内窓を設置する
3. 窓ごとすべて交換する

この3つの方法は、それぞれに
優れているところ、マイナスなところの両面があります。

お客さまからご家庭の現在の状況を聞かせて頂いた上で、
最善の方法をご提案しています。

それぞれの方法について、分かりやすく説明していきます。

ですが、分からないことがあれば、
お電話やメールにてお気軽にご相談ください。

まずは、それぞれの方法を簡単に説明させて頂きます。

1. 窓ガラスだけ断熱ガラスに交換する

image27

1番目は、今ある窓のアルミ枠はそのままで、
ガラスだけ断熱ガラスに交換する方法です。

窓が古ければ、窓枠の隙間風は改善されません。

ただし、ガラスを交換するだけなので、
使い勝手は以前とまったく変わりません。

実際には、温かくなったと喜びの声を頂く、
一番人気のある提案内容です。

2. 内窓を設置する

image01

2番目は、今ある窓の内側に新たに内窓を設置する方法です。
内窓、インナーサッシ、二重窓と呼ばれています。

窓が二重になるため、開閉に手間はかかります。

ですが、窓枠の隙間風、窓本体から伝わる冷気など、
窓周りの全てをカバーした対策がしやすいです。

3. 窓ごとすべて交換する

image19

3番目は、窓ごとすべて交換してしまう方法です。

大がかりな工事になることもあり、
全体の1割未満の対策方法です。

ですが、隙間対策も窓本体から伝わる
冷気対策もできます。

繰り返しになりますが、
どの方法にもいい面、悪い面があります。

実際には、建物の年数、使い勝手、
求める性能などを聞かせて頂き、
どの施工方法を採用するかを決めていきます。

次のページでは、
1番目の窓ガラスだけ断熱ガラスに交換する方法
ご説明させて頂きます。

トップページ > 窓の寒さ対策、結露対策 >

お問い合わせ先:0120-797-348
フリーダイヤルにつながらない場合は、青梅店、または入間店まで直接お電話をください。
パソコンからのお問い合わせは、こちらの お問い合わせフォーム をご利用ください。

営業エリア:東京都・埼玉県(全域)・神奈川県

0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

資料請求