トップページ > 窓の防音対策 > プラマードU > プラマードUの施工例 >

プラマードUに防音ガラス「ソノグラス」を組み込みます。

施工例:木枠幅24mmの窓にYKKAPプラマード(二重窓)を設置
取り付け前のサッシ枠

二重窓の取り付けです。

東京都八王子市にお住まいのTさまよりご依頼いただきました。

今回お任せ戴いた窓は、木枠が24ミリと極めて狭いため、40mmのふかし枠でも対応できない物件でした。

そのため新しく加工した木材を上下左右の木枠四方に取り付ける作業からはじめました。

手順を施工写真つきで詳しく解説していきます。

担当店舗 窓工房 本店
施工地域 東京都 八王子市 T邸
施工時間 2時間
内容

二重窓の設置です。木枠の幅が24mmと、極端に狭い場合の施工例です。

サッシには、YKK AP製のプラマードを使用。

窓ガラスには日本板硝子製のソノグラスを使用。

施工手順

1. 二重窓(防音窓)を取り付ける木枠スペースが狭い

01. 二重窓(防音窓)を取り付ける木枠スペースが狭い。赤の矢印があるのは分かるかと思います。ここが木枠の幅にあたります。

この木枠が最低でも75ミリ必要になります。たらない場合は、25ミリか、40ミリの付加し枠を取り付けることになります。

ただ、今回の場合は、24ミリとあまりに木枠が狭すぎるため、40ミリの付加し枠を取り付けても75ミリには足りません。

24ミリ→75ミリにまでするには、最低でも51mm何かを付け足す必要が発生します。

今回の施工のポイントはここになります。

2. 新たに木枠を取り付ける

02. 新たに木枠を取り付けるまずは、横部材の木枠を取り付けます。

その後、上下の木枠を取り付けます。

上下、左右に使う部材は、工場で加工してきたものです。

今回、二重窓を取り付けられた目的は、防音対策です。

そのため、木枠と木枠のつなぎ目などの隙間は厳禁です。施工自体もすごく大切にはなりますが、それと同じ位ににメーカーへ発注する前の採寸作業がとても重要になってきます。

工場内での木枠切断にも最新の注意を払う必要がありました。

3. 補強材を下に咬ませます

03. 補強材を下に咬ませます実際問題、合計50ミリ程室内側に窓が出っ張らるため、念のために鉄製のL字アングルで補強致しました。

ここだけではないのですが、木材同士などの隙間がないかきっちり確認しながらの作業になります。

4. 木枠を既存木枠に打ち込みます

04. 木枠を既存木枠に打ち込みます木枠を付け足すという作業上、どうしても新たな木枠を打ち付ける時に目に見える傷がうまれてしまいます。

赤い丸の部分がそれです。そのため、価格が少々上乗せされてしまうのですが、見た目をスマートにするため25ミリの付加し枠をその上に取り付けることにしました。

結局のところ、付け足した木枠が25ミリ、そしてメーカー支給の25ミリ付加し枠部材の計50ミリ外にふかす形となりました。

5. 内窓の断面・・・

05. 内窓の断面・・・順番が違い途中なのですが、まずは完成した内窓を横から見て頂きたいと思います。

写真の1番が、工場で加工してきた木材にあたります。

2番がメーカー支給の付加し枠になります。

1番の木材を留めるのにはどうしても傷跡がでてしまいます。

その傷を隠し、全体的にすっきりスマート、綺麗に仕上げるために2番の付加し枠を使用しました。

また、下の赤丸部分のように、木材同士のつなぎ目もこのように違和感なく綺麗に収まるのも嬉しいところですね。

6. 左右上下、四方にレールを固定します

06. 左右上下、四方にレールを固定します二重窓を設置するための枠をふかして完成させたら、今度はその上に、左右上下4枚のレールを取り付けます。

木枠の幅が十分ある場合は、作業がここからのスタートとなります。

7. カーテンレールを取り付ける

07. カーテンレールを取り付ける以前取り付けてあったカーテンレールを、新しく設置した二重窓の上部に取り付けます。

8. ガラス戸をはめ込みます

08. ガラス戸をはめ込みます枠・レールの取り付けが完成したら、最後に工場で加工してきた障子(ガラス戸)をはめ込みます。

その後、障子は隙間なく閉まるか、鍵のかかり具合いはどうかを確認し完了でございます。

9. 下の補強材は・・・

09. 下の補強材は・・・L字型の補強材はこのような形で収まります。(画像が少し見にくくてごめんなさい・・・)

壁もホワイト、今回選ばれた内窓の色もホワイトなため、アングル補強材も当然ホワイトとなります。

下からマジマジと覗き込むことはないにしても、強度だけでなく外見もこれまた大切な項目になるかと思います。

10. カーテンレールは・・・

10. カーテンレールは・・・カーテンレールはこのように収まります。

今回のように外側に出ているカーテンレールならこのように問題なく設置することができます。

11. 横からの見た目は・・・

11. 横からの見た目は・・・横からの見た目はこのように収まります。

既存の障子(ガラス戸)や木枠の色がブロンズ系であったので、ホワイトではなくミデイアムウォーク(ブロンズ色)の選択もありました。

ただ、壁の色(ホワイト)に二重窓の色を合わせるのもいい選択だったと私は思います。

部屋全体が落ち着いていいですね。

12. 使用していない換気口も防音対策

12. 使用していない換気口も防音対策外から室内に侵入する音の多くは、窓からです。そのため、窓を防音タイプの二重窓にすることはとても効果的です。

ただ、音は小さいと思われる隙間などからも侵入してきます。

喚気口もその中のひとつです。

そのため、今使っていない喚気口には防音効果の高いグラスウールを埋め込みます。

左の写真のように丸めて押し込みます。

13. 二重窓の設置作業を振り返って。

13. 二重窓の設置作業を振り返って他の窓も二重窓を設置させて頂きましたが、やはりここの窓が一番気を使いましたね。

ここの窓ガラスは気になるほどの結露は発生していないとのことでしたので、スペーシアではなく防音ガラス「ソノグラス」を使用致しました。

二重窓(防音窓)の製品色は普通木枠の色に合わせることが多いのですが、今回のように壁の色に合わせるのも、部屋全体に清潔感、明るさが生まれますのでお勧めです。

二重窓(内窓)に
ご興味をお持ちになった方はこちらへ

窓の防音対策には二重窓

二重窓(内窓)の詳しい資料がすぐに必要な方は
こちらへどうぞ

資料請求フォーム(資料請求は無料です。)

トップページ > 窓の防音対策 > プラマードU > プラマードUの施工例 >

お問い合わせ先:0120-797-348
フリーダイヤルにつながらない場合は、青梅店、または入間店まで直接お電話をください。
パソコンからのお問い合わせは、こちらの お問い合わせフォーム をご利用ください。

営業エリア:
東京都 青梅市、奥多摩町 桧原村、日の出町、あきる野市、羽村市、福生市、瑞穂町、武蔵村山市、昭島市、八王子市、立川市、東大和市、東村山市、小平市、国分寺市、国立市、日野市、府中市、小金井市、東久留米市、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、稲城市、多摩市、清瀬市、町田市、東京都23区のうち(杉並区、練馬区、中野区、板橋区、世田谷区、豊島区、北区、足立区、目黒区)

埼玉県 さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市 、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市 、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、北足立郡 伊奈町、入間郡 毛呂山町、入間郡 越生町、入間郡 三芳町、比企郡 川島町、比企郡 吉見町、比企郡 鳩山町、比企郡 ときがわ町、比企郡 滑川町、比企郡 嵐山町、比企郡 小川町、秩父郡 小鹿野町、秩父郡 東秩父村、秩父郡 横瀬町、秩父郡 皆野町、秩父郡 長瀞町、児玉郡 美里町、児玉郡 上里町、児玉郡 神川町、大里郡 寄居町、南埼玉郡 宮代町、南埼玉郡 白岡町、北葛飾郡 杉戸町

神奈川県 横浜市(青葉区、瀬谷区、港北区、緑区、都筑区)、相模原市(緑区、中央区、南区)、愛川町、川崎市(麻生区、多摩区、高津区、宮前区、中原区、幸区)、大和市、座間市、綾瀬市、厚木市、清川村、海老名市、伊勢原市、寒川町、平塚市

山梨県 上野原市、大月市、都留市、南都留郡(道志村)、北都留郡(丹波山村、小菅村)

0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

資料請求