トップページ > 施工例集 > 真空ガラスの施工例 >

コーナーガラスをスペーシアに入れ替えることも可能です。
ただし、日本板硝子の10年保証の対象外になります。

施工例:突合せコーナーガラスを真空ガラス「スペーシア」に交換
コーキング剤を隙間に埋め込む様子

東京都青梅市にお住まいのMさまより、ご依頼いただきました。

浴室の突合せ(つきあわせ)コーナーガラスを日本板硝子製の真空ガラス「スペーシアST」に入れ替えます。

突合せ(つきあわせ)とは、2つのガラスが直角に接している部分のことです。

真空ガラス「スペーシアST」はデリケートなガラスです。真空層を長期間にわたって維持させるために、ガラス同士の突合せには施工ができません。

そのため、突合せ部に方立て(アルミの仕切り)を立てて、2枚のガラスを使う施工を試みます。

真空ガラス「スペーシアST」を突合せ部に使用した場合は、メーカーの10年保証の対象外となります。お客様のご了解をもらって、施工しましたが、やはり気を使います。

結果的には、綺麗に仕上げることができて、お客様には大変喜んでもらえました。

真空ガラス「スペーシアST」によるコーナーガラスの交換は、かなり特殊な施工例になるかと思います。

それでは、手順を施行写真つきで詳しく解説していきます。

施工例のはじまり、はじまりで~す。

担当店舗 窓工房 本店
施工地域 東京都 青梅市 M邸
施工時間 2人で1日(休憩あり)
内容

浴室の突合せコーナーガラスの交換。

使用したのは、日本板硝子製の真空ガラス「スペーシアST」。

突合せ部にアルミの方立てを使用して、ガラスを2枚に分けて交換しました。

施工手順

1. 現在の浴室のコーナーガラスの状態です。

01. 現在の浴室のコーナーガラスの状態です。浴室のコーナーガラスを真空ガラス「スペーシアST」に入れ替えます。

冬場は寒くてお風呂に入るのが大変だとおっしゃっていました。

そのため、このコーナーガラスを断熱性能の高い真空ガラス「スペーシアST」に入れ替えることになりました。

ただ、コーナーガラスの場合は、大きな問題もあるのです。

2. 真空ガラス「スペーシアST」はガラスの突合せ加工ができません。

02. 真空ガラス「スペーシア」はガラスの突合せ加工ができません。通常、真空ガラス「スペーシアST」はガラスの突合せ加工ができないため、突合せ部での入れ替えができません。

長年に渡って真空層を維持することが難しくなるためです。

ですので、矢印の部分にアルミの方立てを作成して、2枚の真空ガラス「スペーシアST」を納めることになりました。

それでも、突合せ部に真空ガラス「スペーシアST」を使用した場合は、メーカーの10年保証の対象外となります。

そのことをお客様から了解をえて、この施工方法を進めていきます。

3. アルミ枠とガラスの間のコーキング材を切り取ります。

03. アルミ枠とガラスの間のコーキング材を切り取ります。既存の窓ガラスを取り外すために、ガラアルミ枠とガラスの間にあるコーキング材(ゴム)を剥ぎ取ります。

これがかなりの重労働になります。

思いっきり力を入れないと、固まっているコーキング材がしっかり切れません。

カッターの刃がポキポキと折れてしまうことが多いですね。

4. 現在のガラスを取り外します。

04. 現在のガラスを取り外します。コーキング材を切断したあと、突き合さった2枚の板ガラスを取り外します。

ちなみに、このガラスは窓工房の工場に持ち帰って砕きます。

そのあと、専門業者にリサイクルしてもらいます。

5. アルミ枠に残ったコーキング材を綺麗にそぎ取ります。

05. アルミ枠に残ったコーキング材を綺麗にそぎ取ります。アルミ枠に残ったコーキング材をカッターで綺麗にそぎ取ります。

このアルミ枠に真空ガラス「スペーシアST」を入れて、新しくコーキング材を打つことになります。

古いコーキング材はこの時に除去させます。

仕上がりをよくするための作業です。

6. コーキング材を綺麗にそぎ取った状態です。

06. コーキング材を綺麗にそぎ取った状態です。真空ガラス「スペーシアST」の入れ替え工事の前半が終了です。

写真では一人での施工になっていますが、実際には二人で施工しています。

前半の作業は、ガラスを安全に撤去することが何より大切ではあります。

その後、アルミ枠にこびり付いているコーキング材(ゴム)を綺麗にそぎ取るのも大事な作業です。

7. 真空ガラス「スペーシアST」をセットしていきます。

07. 真空ガラス「スペーシア」をセットしていきます。いよいよ真空ガラス「スペーシアST」をセットしていきます。

赤い矢印の内側にセットします。最も気を使う作業ですね。

2人で慎重に作業したため、撮影はできていないのは残念ですが、一番お見せしたいところです。

8. 1枚目の真空ガラス「スペーシアST」をセットします。

08. 1枚目の真空ガラス「スペーシア」をセットします。1枚目の真空ガラス「スペーシアST」をセットします。

真空ガラス「スペーシアST」をセットしたら、下部のライナー(ガラスに荷重がかかる部分)にしっかり乗っているか、上部のかかりはあるのかを確認します。

9. 2枚目の真空ガラス「スペーシアST」をセットします。

09. 2枚目の真空ガラス「スペーシア」をセットします。同じように、2枚目の真空ガラス「スペーシアST」をセットします。

突合せ(つきあわせ)の部分は、しっかりと隙間を作ることが重要になります。

ここにアルミの方立てを作ります。ある程度間隔を空けた方がいいのです。

この時に、真空ガラス「スペーシアST」の隅でも、コツンとぶつかるものなら、真空状態が破損することもありえます。

最も気を使う瞬間ですね。

10. 真空ガラス「スペーシアST」の両面にスポンジ状の詰め物を入れます。

10. 真空ガラス「スペーシア」の両面にスポンジ状の詰め物を入れます。真空ガラス「スペーシアST」の両面にスポンジ状の詰め物を入れます。

これでガラスを一時的に仮固定をします。

11. アルミのコーナー方立て部分を作成します。

11. アルミのコーナー方立て部分を作成します。真空ガラス「スペーシアST」の突合せ部にあたるコーナー方立てを作成します。

あらかじめ工場である程度の加工はしてきました。

現場で細かい納まりを確認・調整して、方立ての完成です。

12. 突合せ部分の室外側に、コーナー方立てを取り付けます。

12. 突合せ部分の室外側に、コーナー方立てを取り付けます。真空ガラス「スペーシアST」の突合せ部分に、コーナー方立てを取り付けます。

通常は、コーナー方立てを取り付けてから、ガラスを納めるという流れになります。

今回は、室内から真空ガラス「スペーシアST」を設置するのが難しいため、順番が逆になりました。

突合せコーナーガラスを真空ガラス「スペーシアST」に交換
こちらの流れで施工するのが一般的です。

13. 室外側のコーナー方立てを固定します。

13. 室外側のコーナー方立てを固定します。コーナー方立てを固定します。

14. 室内側から突合せ部分にコーキング材を打ち込みます。

14. 室内側から突合せ部分にコーキング材を打ち込みます。室内側から突合せ部分にコーキング材を打ち込みます。

15. 室内側のコーナー方立てを取り付けます。

15. 室内側のコーナー方立てを取り付けます。同じように、室内側にもコーナー方立てを取り付けます。

16. 室内側のコーナー方立てを固定します。

16. 室内側のコーナー方立てを固定します。真空ガラス「スペーシアST」の突合せ施工は、メーカーの10年保証の対象外になります。

角同士がぶつかるので真空状態が維持できにくいからです。

そのため、コーナー方立てを利用することによって、角同士の空間を保ちます。

その空間にコーキング材を十分に含ませるという施工方法になっています。

お客様には了解の上で施工させていただいております。

17. アルミ枠と真空ガラスの間にコーキング材を打つ準備をします。

17. アルミ枠と真空ガラスの間にコーキング材を打つ準備をします。アルミ枠と真空ガラス「スペーシアST」の間にコーキング材を打つ準備をします。

真空ガラス「スペーシアST」とアルミ枠に、マスキングテープを貼り合わせます。

18. コーナー方立ての部分にもマスキングテープを貼ります。

18. コーナー方立ての部分にもマスキングテープを貼ります。コーナー方立ての部分にもマスキングテープを貼り合わせます。

ガラス2面の室外側および室内側の4方にマスキングテープを貼ります。

19. 室外側にコーキング材を打ち込みます。

19. 室外側にコーキング材を打ち込みます。まずは、室外側にコーキング材を打ち込みます。

 

20. 引き続き、室内側にコーキング材を打ち込みます。

20. 引き続き、室内側にコーキング材を打ち込みます。引き続き、室内側にコーキング材を打ち込みます。

21. コーキング材をへらでならします。

21. コーキング材をへらでならします。真空ガラス「スペーシアST」のまわりにコーキングを打ち込みました。

コーキング材が乾く前に専用のへらでならします。

22. マスキングテープを剥がします。

22. マスキングテープを剥がします。真空ガラス「スペーシアST」とアルミ枠のまわりに貼ったマスキングテープをはがします。

コーキング材を打ち込むだけでしたら、マスキングテープは必要ありません。

マスキングテープを使うことによって、コーキング材の境目がくっきりと綺麗に仕上がるのです。

23. 浴室の突合せコーナーガラスの交換が完成です。

23. 浴室の突合せコーナーガラスの交換が完成です。浴室の突合せコーナーガラスを、日本板硝子製の真空ガラス「スペーシアST」に交換しました。

これで完成になります。

24. 室内側からの完成写真になります。

24. 室内側からの完成写真になります。室内側からみた完成写真です。

竹やぶの奥はすぐ多摩川でとてもいいところでした(^^)

見晴らしを考えて、ガラス張りの浴室にしたそうですが、冬場は想像以上に今までは寒かったそうです。

お客様にお聞きしたところ、浴室の場合は真空ガラス「スペーシアST」でもやはり曇るそうです。

けれど、「浴室が以前にくらべ大幅に温かくなった」とのこと。

「身体にも負担がかからなっくなって、目的が達成できたので、交換してよかった」とおっしゃっていました。

ご感想をどうもありがとうございました。

真空ガラス「スペーシア」に
ご興味をお持ちになった方はこちらへ

真空ガラス「スペーシア」とは?

真空ガラス「スペーシア」の詳しい資料がすぐに必要な方は
こちらへどうぞ

資料請求フォーム(資料請求は無料です。)

トップページ > 施工例集 > 真空ガラスの施工例 >

お問い合わせ先:0120-797-348
フリーダイヤルにつながらない場合は、青梅店、または入間店まで直接お電話をください。
パソコンからのお問い合わせは、こちらの お問い合わせフォーム をご利用ください。

営業エリア:
東京都 青梅市、奥多摩町 桧原村、日の出町、あきる野市、羽村市、福生市、瑞穂町、武蔵村山市、昭島市、八王子市、立川市、東大和市、東村山市、小平市、国分寺市、国立市、日野市、府中市、小金井市、東久留米市、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、稲城市、多摩市、清瀬市、町田市、東京都23区のうち(杉並区、練馬区、中野区、板橋区、世田谷区、豊島区、北区、足立区、目黒区)

埼玉県 さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市 、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市 、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、北足立郡 伊奈町、入間郡 毛呂山町、入間郡 越生町、入間郡 三芳町、比企郡 川島町、比企郡 吉見町、比企郡 鳩山町、比企郡 ときがわ町、比企郡 滑川町、比企郡 嵐山町、比企郡 小川町、秩父郡 小鹿野町、秩父郡 東秩父村、秩父郡 横瀬町、秩父郡 皆野町、秩父郡 長瀞町、児玉郡 美里町、児玉郡 上里町、児玉郡 神川町、大里郡 寄居町、南埼玉郡 宮代町、南埼玉郡 白岡町、北葛飾郡 杉戸町

神奈川県 横浜市(青葉区、瀬谷区、港北区、緑区、都筑区)、相模原市(緑区、中央区、南区)、愛川町、川崎市(麻生区、多摩区、高津区、宮前区、中原区、幸区)、大和市、座間市、綾瀬市、厚木市、清川村、海老名市、伊勢原市、寒川町、平塚市

山梨県 上野原市、大月市、都留市、南都留郡(道志村)、北都留郡(丹波山村、小菅村)

0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

資料請求